アルバイトが総量規制対象外で借入する際の注意点!

総量規制対象外のカードローンは「安定した収入があればアルバイトやパートでも借入が可能」になっています。高額な収入でなくても、安定して収入が入ってくる状況であれば審査を通過する可能性も上がります。総量規制対象外は年収の3分の1を超える借入でも可能ですが、アルバイトの場合は融資限度額が低くなります。年収によっては希望する限度額が借りられないというケースも。申し込む前にカードローンの借入診断でどのくらい借りられるかを知っておきましょう。
また、アルバイトの種類にも注意が必要です。継続雇用されてアルバイトしている場合と日雇いアルバイト・短期アルバイトでは審査に影響が出ます。日雇いと短期の場合は安定した収入を得ていると見なされないことがあるからです。総量規制対象外のカードローンを申し込むときは、希望の限度額よりも低めに申請しておきましょう。
総量規制対象外は年収の3分の1を超える借入でもできますが、厳密にいうと各社が設けている基準が存在しているので、無条件で借りられるというわけではありません。特に貸し倒れの可能性が高い人には融資ができないケースもあります。貸し倒れが高いと見なされるのは「他社からの借入件数や金額が多い」「返済の遅延が頻繁にある・連絡なしに滞納する」「債務整理をした経験がある」などです。これらの条件が揃っている場合は総量規制対象外でも融資を受けるのは厳しくなるので、該当する人は注意してください。
総量規制対象外カードローンでおすすめはどこ?大手3社徹底調査!はこちら